トレーニングの種類

トレーニング情報局

筋力トレーニングの種類は大きく分けると、「筋肥大・筋力向上・パワー向上」を主目的とした「主要・補助エクササイズ(トレーニング)」と各競技にあわせた「専門的なエクササイズ(トレーニング)」に分かれます。当サイトでは、スポーツ全般に共通する「主要・補助エクササイズ」の紹介をさせていただきます。

主要エクササイズ

スポーツ動作の原動力として働く大筋群「脚部、臀部、胸部、背部など」を主とする基本的な動作のトレーニングで、大きく分けると、「筋肥大・筋力向上・パワー向上」を主目的としています。

筋肥大を目的としたトレーニング

筋肥大とは、筋肉の量を増やすことです。各スポーツで必要とされる筋肉の量を得ることが重要な課題となります。 筋肥大のためには、軽めの負荷でウォームアップをして、その後70%〜85%(6〜12rm)の負荷で6〜12回の最大反復を30〜90秒間の休憩をはさんで3セット以上行います。

パワー向上を目的としたトレーニング

パワーとは「スピード」「力」のことで、スポーツ選手の競技パフォーマンス向上のために重要な要素です。 パワー向上に関しては様々な意見がありますが、主要エクササイズにおいては、「大きな力を短期間で発揮するパワー」を高めることです。 軽めの負荷でウォームアップをして、その後、75%〜90%の負荷を用いて、1〜5回の反復を出来るだけ速い動作でおこないます。2〜4分の休憩をはさんで3セット以上実施します。





▼トレーニング基礎知識
筋力トレーニング
トレーニングの種類
超回復と頻度
動作やスピード
ストレッチとウォームアップ
ピリオダイゼーション
トレーニングメニュー
準備期トレーニング
試合期トレーニング
移行期トレーニング
持久力アップ
熱射病
アイシング
筋肉の種類
トレーニングの効果を高める時間
筋肉とたんぱく質


リンク集

Copy right(C)トレーニング情報局 All Right Reserved
HOME