動作やスピード

トレーニング情報局

効果を上げるために負荷や回数を正しく設定することも大事なことですが、トレーニング時の動作やスピードも非常に大事なことです。

フォーム習得を目的とした場合は、ウエイトを上げる動作を3秒、下ろす動作を3〜4秒を目安とします。

(ゆっくりと一定のスピードで)筋肥大を目的とした場合には、上げる動作を2秒、下ろす動作を2〜3秒の一定のスピードで行います。

また、パワーや筋力向上を目的とした場合はできるだけ素早く上げ、1〜2秒かけて下ろします。





▼トレーニング基礎知識
筋力トレーニング
トレーニングの種類
超回復と頻度
動作やスピード
ストレッチとウォームアップ
ピリオダイゼーション
トレーニングメニュー
準備期トレーニング
試合期トレーニング
移行期トレーニング
持久力アップ
熱射病
アイシング
筋肉の種類
トレーニングの効果を高める時間
筋肉とたんぱく質


リンク集

Copy right(C)トレーニング情報局 All Right Reserved
HOME