アイシング

トレーニング情報局

最近、アイシングは広く普及し、野球のピッチャーが投球後、肩や肘にアイシングを施す光景をよく見かけるようになりました。 しかし、アイシングもやり方を間違えると、かえって逆効果となる場合もありますので、まず目的を明確にし、その目的に合った方法でおこないましょう。

基本的に、体を冷やすのはよくないことなのです。 アイシングを有効に活用し自身の知識を深めると共に競技者として末永く、その競技を続けられるために有効利用していただけるとうれしいです。

内容が長いので詳しくはPCサイト





▼トレーニング基礎知識
筋力トレーニング
トレーニングの種類
超回復と頻度
動作やスピード
ストレッチとウォームアップ
ピリオダイゼーション
トレーニングメニュー
準備期トレーニング
試合期トレーニング
移行期トレーニング
持久力アップ
熱射病
アイシング
筋肉の種類
トレーニングの効果を高める時間
筋肉とたんぱく質


リンク集

Copy right(C)トレーニング情報局 All Right Reserved
HOME